かけ算の順序の昔話

算数教育について気楽に書いていきます。

auと星飛雄馬

テレビで最初に見かけたときから,気になっていたコマーシャルが,YouTubeで再生できました.

この中に出現するかけ算は,2つあります.

式は「¥1,480/月×3人=¥4,440 OFF」で,セリフは「つまり3人家族なら,4,440円も安くなる」.

式は「¥1,480/月×4人=¥5,920 OFF」で,セリフは「もし私が飛雄馬くんと結婚したら,5,920円もお得」*1
単位が合っていません.
例えば複内包量を使って,「1480[円/人・月]×3[人]=4440[円/月]」,「1480[円/人・月]×4[人]=5920[円/月]」と書けば,式の整合性はとれますが,ちょっとこれはCM向けではありませんね….

*1:この直後に,最大2年間での割引額も表示されますが,かけ算の式が出てこないので,割愛します.

広告を非表示にする