かけ算の順序の昔話

算数教育について気楽に書いていきます。

新書で「×」

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)

帰国翌日に立ち寄った書店で,衝撃を受けました.
著者名を「×」でつないでいる,新書があったのです.
去年の本ですが,平積みになっていました.これが出た当時には,世の中で「×」がどのように使われているかなんて,気にもかけていませんでした.
本を手に取り,奥付を見ると…そこでは縦書きで「橋爪大三郎大澤真幸」とありました.開いた口が,ふさがりません.
Amazonのカスタマーレビューがこれまたすごいですね.

広告を非表示にする