かけ算の順序の昔話

算数教育について気楽に書いていきます。

商集合にドドレ型

 なお,等分除と包含除についても,集合論的に次のように一般的な形で述べることができる。集合Xに同値関係Rがあるとき,商集合X/Rは包含除による商(あるいはその一般化)である。一方,集合の間の写像f:X→Yがあるとき,各y∈Yの逆像f^{-1}(y)は,等分除による商(あるいはその一般化)である。

続きを読む

量の扱いについて

続きを読む

度数法の値を360で割って,2πにかければ,弧度法の値

\frac{\pi}{180}をかける」と「\frac{1}{360}をかけて、そして2\piをかける」は数学的には完全に同じですが、人間の捉え方としては異なります。

続きを読む

「1つ分の数×いくつ分」は公式か?

 算数の2年の教科書に載っている「1つ分の数×いくつ分=ぜんぶの数」は,算数では,公式とみなされていません。『算数教育指導用語辞典 第五版』の公式の項目を読みながら,検討しました。

続きを読む