かけ算の順序の昔話

算数教育について気楽に書いていきます。

複写料金

例2:電子式複写(白黒)の「A4」7枚と「A3」2枚の場合
・・・25.2円×7+50.4円×2=176.4円+100.8円=277.2円→277円

複写料金表|国立国会図書館―National Diet Library

かけられる数には単位付き,かける数には(「枚」を付けてもよさそうなところ)単位なし,という例です.

広告を非表示にする